みなさん、お元気ですか? 久々のブログです。

僕の周りでは、食事の度に、出された食べ物を携帯で写真に撮っている人がいます。
何でもブログに載せるそうで、食事のメニューに関するブログが、最も反応がいいそうなんですね。
しかも毎日の食事は、否が応でも、目の前に出てきます。
そうやってブログをまめに更新する原動力とするんでしょうね。いや~、ご立派。
でもそんな事でもしないと、なかなかブログって書けないですよね。

さて、かくいう僕は、なんと3月2日以来のブログ。
もう一ヶ月以上のご無沙汰です。
「全然更新していないので、マラソンのしすぎで体調でも崩したんじゃないかって、心配していました」
なんていうメールも頂いたりする始末。申し訳ないです。
という事でブログがなかなか書けない言い訳をさせて頂きます。
これが実は、大変重要な、ご報告しなければいけないニュースとも関係してるんです。
今年の元旦から手がけはじめた、「ジャズスタンダード曲集」の編集が、なんと出版される事が決まったんです!
今まで数冊の、合法・非合法のスタンダード曲集が出ていますが、どれも帯に短し、襷に長し。
「こんな曲、いらないだろう!」「ええ、あの曲が無い!」「このコード進行、違うだろう!」「普通こんなキーじゃやらないでしょ!」「こんな小さいコード表記、老眼の俺には読めない!」「これじゃ、マイナーかメジャーかが、ステージで判別できないんです!」「一段に何小節もあって、すぐロストしてしまう!」「重すぎて、こんなの持ち歩けない!」等々。
よく巷で行われているジャズのセッションに参加されるような方の、それらの本に対する不満は、このように、ほんとうに様々ではないでしょうか? もちろん僕もジャズを志した日から、今までに何度となくセッションに参加してきましたし、今は月に数回ですが、ジャムセッションのホストを務めるという役割もさせてもらっています。
そんな現場で培った経験を、一冊の本にうまくまとめられたらなぁっていう想いが募って、本当に面倒くさい作業ではありますが、重い腰を上げようという運びになった次第です。
ただ先ほどあげた数多くの不満の例を、やはりすべて解決する事はなかなか困難です。
特に選曲なんですが、選曲する段になって、「ああ、あれも入れたい、これも入れたい」なんて言っているうちに、その数500曲あまりにふくれあがってしまいました。これではすっごく分厚い本になってしまい、持ち運びには向きません。
という事で泣く泣く、厳選に厳選を重ねて220曲あまりにしました。辛い作業でした。
それと、コード進行に関しても、曲によっては今では様々なものがありますので、どの進行を採用するかも、今悩みの種です。

そんなわけで、ここ数ヶ月、この作業を、ライブやリハ、学校での授業、果てはマラソンにビリーの合間を縫って進めているものですから、どうしてもブログの更新まで手が回らないという日々が続いています。
でも残り80曲ほどになってきましたので、5月の終わり頃にはこの作業も終わるでしょうか。
これさえ終わらせてしまえば、またまめにブログ、書きますね!(ほんまかい?)
そうそう、この本には、なんとEQによる、マイナスワンの演奏もつきますので、そういった意味でも、ジャムセッションでのジャズスタンダードを攻略したい方には、超お勧めの一冊になると思いますよ! 乞うご期待。

それともうひとつご報告。今月発売の、マラソン専門の月刊誌「ランナー」に僕の時期が載ります。
東京マラソンを走った異色のジャズミュージシャンという事らしいです。
編集部の方がわざわざ僕の家まで来て頂いての取材でした。
僕もわざわざトレーニングウェアに着替え、家の周辺の山の中や川沿いでトレーニングしている風景も撮影するというもので、その写真や、さらには自宅でベースを弾いている写真も載る予定ですので、納浩一がどんな所・どんな家に住んでいて、どんなところを日々走っているのかを見たい方は、是非立ち読みで結構ですので、書店で手に取ってみてください。

などなど、こんなことをやって元気にやっていますので、ご心配なく。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事