24年間分のスケジュールを書いた手帳を全て発見!
Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

僕のインターネットサロンに、「納がオサムを語る」というコーナーがあります。

そこでは、僕が1960年に生まれたときから、どんな幼少時代や青年時代を過ごし、なぜミュージシャンという職業を選択するに至ったか、あるいは昨今よくある音楽英才教育とか、家族に音楽家がいるというような恵まれた環境とはほど遠く、どれほど普通の少年だったかというようなことをお話ししてきました。

先日リリースしたアルバム制作のため、しばらくお休みしているのですが、とりあえずその生まれた1960年から、1枚目のアルバム「三色の虹」を発表した1997年まではたどり着くことが出来ています。

で、アルバムも出したことですし、時間の余裕も出来たということで、1998年辺りのお話からまた再開しようかと腰を上げたのですが、ならばより詳細に書きたいと思い、
「そういえば、その頃のスケジュール帳って、ずっと取り置いてきたよな?」と本棚や作業机の周りを調べたら、あるはあるは!

なんと1998年6月から今日に至るまでの24年間分のスケジュールを書いた手帳を全て発見!
我ながら「俺って凄い!」と感心してしまいました。
だったら凄いついでに、これはもう世に出すしかないということで閃いたのが、

「そうだ、サロンのコラムやインタビューと併せて、この手帳にあるスケジュールを元に、自分史をまとめて本にして出そう!」というアイデア。

如何でしょうか? そんな本が出たら、買ってくれますか?

インタビューも、エリック・ミヤシロさんや則竹裕之さん、川口千里さん、クリヤマコトさんという、最近ご一緒しているミュージシャンや、マーカス・ミラー、ジョン・パティトゥイッチといったベーシストとの、ジャズライフ誌上等での対談など17本もあります。

作業が順調に進めば、LPを発売する10月初旬くらいに、本も一緒に出版できればと思いますので、是非ご期待ください。
ちなみに1998年夏・秋の渡辺貞夫さんのツアーのスケジュールを書いておきますね。
いやいや、当時はこんなロングツアーが可能だったんですね!

1998年夏 ヨーロッパツアー
7月11日 出国
7月14日 スイス・モントルージャズフェスティバル
7月16日 ポーランド・ワルシャワ
7月17日 イギリス・ロンドン
7月20日 帰国
1998年秋国内ツアー
10月5日 浜松フォルテホール
10月6日 名古屋ラブリー
10月7日 名古屋ラブリー
10月9日 京都ラグ
10月11日 佐世保ジャズフェス
10月12日 福岡サザンクロス
10月13日 小倉スミックスホール
10月15日 神戸チキンジョージ
10月16日 岐阜大野町町民センター
10月17日 愛知渥美町文化センター
10月18日 長野メルパルクホール
10月20日 金沢芸術村
10月21日 新潟フェイズ
なんと17泊18日のツアー、なんて素敵な時代だったんだ!

CODA /納浩一 - NEW ALBUM -
納浩一 CODA コーダ

オサム・ワールド、ここに完結!
日本のトップミュージシャンたちが一同に集結した珠玉のアルバム CODA、完成しました。
今回プロデュース及び全曲の作曲・編曲・作詞を納浩一が担当
1998年のソロ作品「三色の虹」を更に純化、進化させた、オサム・ワールドを是非堪能ください!