「納がオサムを語る」のコーナー、第3回目です。 今回は、大学時代は一体どんな生活をしていたのか、そしてなぜバークリーに行ったのか、あたりまでのお話しをしてみたいと思います。 (全文はサロンにて公開しています) 京都大学に入り、あこがれのベースを手にし、自分の進路も「プロになるしかない!」と決めたオサム少年には、もはや何の迷いもありません。 ただただ練習あるのみです。 ということで、自然な流れで、その京都大学の軽音楽部に参加することとなりました。 ここでその軽音楽部について軽く触れておきましょう。 我が京都大学軽音楽部というのは、ロック・ポップス系の人達とジャズ系の人達が、使用する部室が同じということもさることながら、その運営も管理をもシェアし合うという、ちょっと変わった状況でした。 普通の大学なら、ジャズ系とロック系って、くっきり別れますよね? でも京大はそんなわけで、いろんなジャンルの人【 …続く 】

続きはオンラインサロンの共通パスワード(サロントップ投稿に記載都度変わります)を入力で閲覧できます。

納浩一直伝!オンラインサロン はこちら


納浩一オンラインサロン開講!
納浩一オンラインサロン

45年のベース歴、30数年のプロ活動
日々国内外、第一線で活動中のベーシスト納浩一によるオンラインサロン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事