東京は乃木坂のソニースタジオでの録音

本日から2日間、東京は乃木坂のソニースタジオに篭って、アコースティックウェザーリポートの2枚目のアルバムを録音します。

今回もハイレゾ録音ということで、根性入りまくりの「パンチインなしよ!」レコーディング。
「それ、なんのこと?」という方に、簡単に説明しますと、ハイレゾというのは、ハイレゾリューションの略で、「高解像度音質」のことらしいです。
例えて言えば、今までのCDが4K TVとするなら、ハイレゾは8K TVということで、解像度が増すことでよりクリアな音質になるということのようです。

それだけならいいのですが、厄介なことに、それだけいい音で取るためには、ちょっと間違ったところを後からそこだけ直したり、取った演奏に、別トラックで、もう一度、一人だけ録り直したり、というような小細工(この小細工に、多くのミュージシャンがどれほど助けられてきたことか!)が一切効かないということなんです。
とにかく一発勝負!
ま、昔のレコーディングはみんなこうやってたんですけどね。

ということで、多少のミスも、その瞬間のそのミュージシャンの個性の記録ということで、全てを受け入れるしかありません、とほほ…。
でも本当の実力が試されるとは、まさにこのことですし、いつもやっているライブ演奏はそういうことですからね。
この方式はジャスにこそ向いてると思えばいいわけで。
(実際、「クラシックこそ向いているのでは?」と、クラシック系のレコーディングも膨大にこなしていらっしゃる、我々担当の、ソニーのプロデューサーに尋ねたら、「クラシックのミュージシャンは、間違いを恐れて、ハイレゾ録音は嫌がります。」だって。そんな…)

ということで、冬くらいにはリリース出来るかと思いますので、是非お楽しみに。
そしてそれに合わせて、来年早々にはまた全国実演販売行脚ツアーを敢行しますので、その節は是非よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事