ジャイアントステップをファンクでやりたい。さて、どうすればよいでしょうか。
Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

サロンにて以下の質問をいただきました。

問:

突然、「ジャイアントステップをファンクでやりたい。イントロはベーススラップで、後のアレンジは任す」と言われました。さて、どうすればよいでしょうか。

メロディみてますとDメジャーでいこうかなと思ってます。

答:

なかなか面白いアイデアかと思います。

是非トライしてみてください。

で、確かにメロディを見ると、最初の3小節間のメロディはGメジャーの分散になっていますので、それに対するドミナント、D7でイントロを考えようということですね。

僕としては、それよりも、やはり最初のコード、Bに対するドミナント、F#7の方がうまく繋がるような気がします。

でもどちらでもいけそうですね。

ちなみにこんなのはどうでしょう?

1)|| F#7 | F#7 | A7 | A7 | C7 | C7 | C7 | C7 ||

こんなコード進行の上で、スラップのグルーブソロみたいなものをやってみるといかがでしょうか?

すると、テーマが1コーラス終わったところで、すぐに2コーラス目に進行せず、一旦このバンプをいれてみるということも出来そうです。

イントロだけでいうなら、どんなコードでもそれなりに成立しますが、せっかくなら、その中身と何らかの関連性があるようなイントロが良いと思います。

さらにいうなら、せっかくイントロで出てくるなら、イントロだけでなく、他の場所でもそのパートが出てくる方が、アレンジ的にも意味があると思います。

この曲は、B、Eb、Gという、いわゆる3トニックシステムで出来ています。

それぞれのインターバルは長3度ですね。

イントロにもその動きを取り入れて、上に挙げたイントロをその動きに代えるなら、以下のようなイントロもありかと思います。

2)|| F#7 | F#7 | Bb7 | Bb7 | D7 | D7 | D7 | D7 ||

どちらも弾いてみましたが、僕は1の動きの方がかっこいいように感じます。

テーマの最後のコードがF#7なので、どちらのコード進行でも、テーマの後にこの部分に進行するときに違和感はないともいます。

で、ベースソロは、曲のコード進行ではなく、このバンプのコード進行で取る、とかね。

と、まあ、こんな具合で、どんなものでもそれなりにはまると思いますので、あとはセンスと好みでしょうか?

CODA /納浩一 - NEW ALBUM -
納浩一 CODA コーダ

オサム・ワールド、ここに完結!
日本のトップミュージシャンたちが一同に集結した珠玉のアルバム CODA、完成しました。
今回プロデュース及び全曲の作曲・編曲・作詞を納浩一が担当
1998年のソロ作品「三色の虹」を更に純化、進化させた、オサム・ワールドを是非堪能ください!