Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
ソロアルバムでタッピングを披露してますが、タッピングのトレーニング(フレーズや参考にした人など)は何かありますか?
またタッピングを曲中で使う際はどんなことに気をつけてますか?
これといってタッピングそのものの練習はしていません。
やはりこれもコードのアルペジオやハーモニーのアイデアが本当に重要になってきますね。
タッピングそのものはそんな難しい奏法ではないと思います。
ポイントはやはりアイデアではないでしょうか。
それよりも楽器のセッティング(かなりロウアクションでないと無理でしょう)や、ミュートなどに気を配らないとならいないといけないと思います。
それと左右の手のコンビネーションですね。それができていないとリズムがはまりませんよね。
しかもかなりしっかりタップしないと音になりませんし、リズムもでません。
そんな点に気をつけないといけないでしょうね。
CODA /納浩一 - NEW ALBUM -
納浩一 CODA コーダ

オサム・ワールド、ここに完結!
日本のトップミュージシャンたちが一同に集結した珠玉のアルバム CODA、完成しました。
今回プロデュース及び全曲の作曲・編曲・作詞を納浩一が担当
1998年のソロ作品「三色の虹」を更に純化、進化させた、オサム・ワールドを是非堪能ください!