【ベーシスト列伝】チャック・レイニー(Street Walkin' Woman のベースプレイ)
Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

ベーシスト列伝第4回は、チャック・レイニーを取り上げたいと思います。

この人は、まさにグルーブマスターと呼ぶべきベーシストであり、数々の名曲で、そのご機嫌なグルーブを聞かせてくれます。
その意味では、ジェームス・ジェマーソン、ジェリー・ジェモットと並んで、R&Bやソウルミュージックを代表するベーシストといって良いでしょう。
R&Bやソウル、ファンクといった黒人ミュージックといえば、まずはやはり、モータウンレーベルが思い浮かぶのではないでしょうか?

マイケル・ジャクソンのいたジャクソン5やスティービー・ワンダー、ダイアナ・ロス、マービン・ゲイなど、このレーベルの所属アーティストを挙げたらきりがありませんし、そのそれぞれが、歴史的なアルバムを題しています。そしてそれらすべてに共通しているのが、とにかくグルーブしているということかと思います。

ベースという楽器をやるなら、特にエレクトリックベースでグルーブを出したいと考えているようなベーシストに取っては、モータウンの数々の名演は必聴と言えるでしょう。
まあ、ネットやYouTubdeなどに、そのことを解説してくれている投稿や動画がわんさかあるので、まだあまり聞いたことがないという方は、是非それらを読んだり見たりして、その奥深さを知ってみてください。
さてではそのチャック・レイニーの基本情報です。

生年月日:1940年6月17日
出身地:アメリカ オハイオ州 クリーブランド
彼も、いまはもう80歳ですが、元気でご存命のようです。
ここ数年でも、毎年のように日本でもツアーをやられていたように思います。

今回取り上げた、マリーナ・ショウのこのアルバム、「Who Is This Bitch Anyway」の参加メンバー全員で、数年前に日本ツアーもしていたように記憶しています。
残念ながらそのときの演奏を見ることは出来ませんでしたが、きっとご機嫌なステージだったのではないでしょうか?
このマリーナ・ショウのアルバムですが、これはもう、ソウルやファンク、ジャズという音楽を志すベーシスト(に限りませんが!)なら、知っていないと「もぐりか?」と叱られるくらいの名盤といえます。

このアルバムに収録されている曲の多くを、僕も若い頃から何度もステージで演奏しました。
ある意味では、この手の音楽のバイブルといってもいいかと思います。
そして、このアルバムの最大のポイントが、まさにそのグルーブにあると言って過言ではないと思いますし、それを作っているのがこのチャック・レイニーかと思います。
そのことが一番よくわかるのが、今回コピー譜を載せた「Street Waikin’ Woman」での演奏ではないでしょうか?
(譜面は別途、有料となっています)
その音源はYouTubeで聞けますので、是非聞いてみてください。

では彼の奏法の特徴に触れたいと思います。
こちらの方もいろいろYouTubeなどで、多くのベーシストが触れている動画がありますから、そちらも参考にしてもらうといいと思いますが、以下のURLに本人のクリニック動画がありますので、それを見てもらうと一番よくわかるかと思います。

Chuck Rainey

彼の特徴は、その右手の奏法にあるかと思います。
普通、ベースというのは、2フィンガーと言って、右手の人差し指と中指でベースの弦を弾くのですが(もちろん昨今の若いベーシストでは、5本の指全部を使うようなハイパーな奏法もよく見受けられますが)、このチャック・レイニーは、基本はほとんど人差し指1本しか使いません。
その代わりといっては何ですが、その人差し指の爪側も使うことによって、速いパッセージを弾くことを可能しています。
普通は、指の腹側しか使わないのですが、彼は指の両面を使うんですね。
これはかなり特殊なスタイルですが、それが彼のあの独特のサウンドを生むのかもしれません。

その辺りの解説も、YouTubeで解説していますので、見てみてください。

1970年代、彼はクインシージョーンズのアルバムに多く参加していました。
その頃のアルバムに、チャック・レイニーはもちろんエレクトリックベースで参加していましたが、アコースティックベースには、もう大御所中の大御所、レイ・ブラウンが参加していました。
当時のレイ・ブラウンは、実はエレクトリックベースに関してはかなり否定的な意見を持っていたようなですが、そんな中で唯一、彼が認めることの出来るエレクトリックベース奏者が、このチャック・レイニーだったそうです。
1980年頃、僕はアン・ミュージック・スクールという音楽専門学校でベースを習っていました。
そこの先生だった鈴木淳さんが、レイ・ブラウンを大尊敬していて、そのレイ・ブラウンが認めるエレクトリックベース奏者ということで、淳さんのエレクトリックベースのレッスンでは、チャック・レイニーのコピー譜をたくさんやらされました。
今思い出しても、彼の独特のグルーブ感と、複雑な16分音符に本当に苦労した思い出があります。もしその頃に、奏法が違うことを知っていたら、それなりの対応もあったかと思いますが。
そういう意味では、僕にとっても、この「Street Walkin’ Woman」のグルーブ感は衝撃であり、こういった16分音符のノリのお手本としたのは、このテイクでのチャック・レイニーの演奏と、ジャコの「The Chicken」だと言えるでしょう。
ということで、皆さんも是非この曲にトライしてみてください。
なかなかこのスピードについて行けませんよ!

こんな粒のたった16分音符でこんなグルーブをだせるようになれば、もう鉄壁のグルーブマスターと言えるかもしれませんね。
チャック・レイニーは日本のミュージシャンとも共演が多く、渡辺貞夫さんや日野皓正さんはもとより、ピンクレディーのツアーなんかもやっていたようです。
彼の演奏で僕の記憶に残っているもう一つの曲が、スティーリー・ダンの「Peg」での演奏です。
で、今回改めて彼のインタビューを見たら、彼自身も、この「Street Walkin’ Woman」と共に、その「Peg」のことも、強く印象に残っている曲としてあげていました。

やっぱり同じようなところに想いがあるのかなぁ、なんて、一人、ちょっとうれしくなりました。
そちらの方の演奏も是非聞いてみてください。

まあ、本当に多くのアルバムに参加しているベーシストなんで、耳にすることも多いかと思います。
が、実際、こうやって採譜したり、またその採譜したものを演奏したりすると、聞いているのとは違ったことを感じたり知ったり出来ます。
そんなことで、皆さんも、是非可能な限り、採譜したり採譜されたものを実際弾いてみたりしてください。
ではまた次回!

譜面は別途課金制となっています。

このコラムでのベース譜を制作しました。
制作協力費としてダウンロード【キャンペーン特典】300円(税込)となります。
希望者の方は以下のリンクをクリックしてくださいね!

1

お支払方法

【クレジット決済と銀行口座振替】となります。
まず参加者の方にはPaypalへの入会をお願いします。

ペイパル|新規登録無料、カードのポイント貯まる|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

2

領収書の発行について

Paypalによる定期支払いシステムは
Paypal発行の受領書にて、領収書に代えさせていただいています。

決済処理後にPayPalから送付されるメール内容,PayPalにログインしていただき,マイアカウントページの「取引履歴」メニューより,該当項目を確認の上,「詳細」をご覧ください。
※印刷用メニューもございます。

それらを公的な領収書の代わりとしてご利用いただけます。

チャック・レイニーによる「Street Walkin' Woman」

CODA /納浩一 - NEW ALBUM -
納浩一 CODA コーダ

オサム・ワールド、ここに完結!
日本のトップミュージシャンたちが一同に集結した珠玉のアルバム CODA、完成しました。
今回プロデュース及び全曲の作曲・編曲・作詞を納浩一が担当
1998年のソロ作品「三色の虹」を更に純化、進化させた、オサム・ワールドを是非堪能ください!