作曲って、ある日何気ない日常の暮らしや感情の中で、自然とメロディーが湧いてきたりするのですか?

なぜ僕が作曲に関心を持つようになったか、それはやはりバークリー留学です。 そこに行ってみると、猫も杓子も作曲をしている、コンサートといえばすべてオリジナル、もちろん授業には作曲系のクラスが山ほどあり、そのそれぞれに、独自の作曲法を教えている、というこんな環境に、ほんと面食らった記憶があります。 すぐに親しくなった日本人の仲間も、セッションといってもみんなオリジナル曲を持ってくる。 しかもそれがまた、なかなか秀作揃いと来た日には、「ああ、僕も作曲を勉強しなくては!」と強く思った次第です。 でも最初は、どこをどうひねっても、良い曲が出てきません。産みの苦しみとはまさにこのことかという状況でした。 でも、産みの苦しみを2年くらいやっているある日、「ポンッ」と、良い曲とまではいいませんが、ある程度納得出来るようなレベル曲が浮かんでくるようになってきました。 そうなれば、作曲は本当に面白いですし、言【 …続く 】

続きはオンラインサロンの共通パスワード(サロントップ投稿に記載都度変わります)を入力で閲覧できます。

納浩一直伝!オンラインサロン はこちら


納浩一オンラインサロン開講!
納浩一オンラインサロン

45年のベース歴、30数年のプロ活動
日々国内外、第一線で活動中のベーシスト納浩一によるオンラインサロン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事