僕のインターネットサロンのコーナー、「こんな曲をコピーしました!」のコーナーの第2弾は、またもジャコ・パストリアスです。
とりあげたのは、ドラマーのBrian Melvinのリーダーアルバム「Standard Zone」に収録されている「The Days Of Wine And Roses」での演奏です。
音源はYouTubeにもありますので、そちらを参考にして頂ければと思います。

(コピー譜は、サロンにて公開しています)

前回は、Bbブルースでの伴奏を取り上げましたが、今回はズバリ、ジャコのソロです。しかもなんと。「The Days Of Wine And Roses」という、スタンダ-ド中のスタンダード曲でのソロ!
テンポもゆったりした良い感じで、ジャコの歌心がよくでている演奏かと思います。ジャコのソロの内容もさることながら、そのニュアンスの付け方も、良いお手本になるかと思います。
このテイクではジャコがテーマも取っていますから、テーマのフェイクの仕方も勉強になると思います。
いくつかポイントがあるので、それを列挙しておきます。

1) ソロ中で何度も出てくるのが、ドミナント7thコードの時に、そのコードのナチュラル5度の音から入り、長3度→ルート→♭13度→ナチュラル5度という音使いを、3連のリズムで弾くフレーズ
2) 3連に対して、5つずつの位置にアクセントをつけて作る、ポリリズム的で、多くのソロで、随所に使いますね。
3) アルペジオの分散フレーズ

ジャコの、スタンダード曲での演奏というのは、ありそうでなかなかありません。もちろん彼のリーダー作での「Donna Lee」は、誰もが知るものですが、あれはパーカッションとのデュオということで、ちょっと特殊かと思います。

今回取り上げたこのテイクのように、普通のピアノトリオでのものは、なかなかレアではないかと思います。
このテイクは、先ほども触れたように、テンポもゆったり目だし、ジャコのソロでは、伴奏もかなり抑え気味なので、ソロで何をやっているのかが良く解ります。ジャコも、調子が良かったのか、丁寧なソロになっています。調子が悪いときは、おなじみのリック(いわゆる、いつも使う手慣れたフレーズという意味の、音楽用語)ばかりでごまかすところがありますからね。

ということで、色々参考になろうかと思いますので、是非一度研究してみてください。

〜本編はオンラインサロンに公開しています。〜

匿名質問コーナー作成しました。

「こんな基本的な質問、恥ずかしくて実名じゃ出来ない」というような方がもしおられたら、このコーナーをご利用ください。
もちろん音楽以外のご質問でも、答えられるものであれば可能な限り答え所存です。

ということで、メルアドや名前を入力せずに記載できますので、是非こちらの方もご活用ください。

パスワード はオンラインサロンにて公開しています。

www.osamukoichi.net/salon/anonymous/

—————-
■サロン参加詳細はこちら
osamukoichi.net/salon/
※FBグループへのリクエストのみでは参加になりません。
オフィシャルサイトのページのフォームから申し込みとPaypal決済後承認になります。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事