感染状況が厳しさを増す中、公演のキャンセルも相次いできました。
Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

感染状況が厳しさを増す中、公演のキャンセルも相次いできました。
スケジュールにある以下の公演はキャンセル、もしくは延期となっています。
もちろん、この先のコロナの状況も読めませんから、延期先の日程も確定していません。

-----------------------
2月9日(水)Zepp札幌
https://sapporo-soundcruise.com/
Start 7:30pm
ブルーノート東京オールスタージャズオーケスラ Directed by エリック・ミヤシロ

2月11日(金)吉祥寺 M.J.Smith(0422-24-6541)
https://www.mjsmile.com/
Open 4:30pm Start 5:00pm
納浩一セッション

2月17日(木)神楽坂 u-ma(03- 6873-6746)
https://www.u-makagurazaka.com/
Open 6:30pm Start 7:00pm
定仙哲也(Gt)デュオ
-----------------------

確かにこの感染状況では、もはや人混みにでれば感染すると考えてもいいくらいの感染者数ですね。
昨日(2月3日)は、日本全国の感染者が10万人を越えたとのこと。
この国の人口が1億人ちょっとだということなので、1日に、1000人に一人は感染しているという計算になります。
それって累計数じゃなくて、「1日!」の感染者ですからね、凄いです。

僕の新作のレコーディングも、予定していたメンバーの方の仕事先で感染者が出てしまい、濃厚接触の疑いがあるということで、延期になりました。
まあ、幸い、その方は感染しておらず、また近日中に再スケジューリングが出来たので事なきを得ましたが、いずれにしても、この状況では、この先もどうなるか分かりませんね。
さてそのレコーディングですが、無事ビッグバンドを取り終えたことはご報告したとおりです。
今月末は小編成のコンボのレコードディングになります。

いや、ビッグバンドのレコーディングを終えて本当にほっとしていますが、のんびりしている間もなく、次なるレコーディングに向けて、また楽曲との闘いが始まりました。
新たに録音するどの楽曲に関しても、見直すたびに、「ああ、ここがいまいち」とか、「もっと面白いサウンド、あるはずだ!」といったようなことが、次々に脳裏をよぎります。
正直、夢の中まで音が現れて、寝ているのか冷めているのか分からないまま、床の中でアレンジが浮かぶというような日々です。

そんな状況ですが、そんな中でも1週間に1回くらいは、「お〜、お〜、来た〜!」というような良いアイデアが思い浮かぶこともあります。
ま、そういう意味では、キャンセルが出て時間に余裕が生まれるというのは、少なくともいまの僕にはありがたい事とも言えます。
でもどんどんキャンセルの嵐に見舞われている方には、「何を言ってるんだ!」って聞こえるかもしれませんね。

ということで、感染には気をつけて、お元気でお過ごしくださいね。

CODA /納浩一 - NEW ALBUM -
納浩一 CODA コーダ

オサム・ワールド、ここに完結!
日本のトップミュージシャンたちが一同に集結した珠玉のアルバム CODA、完成しました。
今回プロデュース及び全曲の作曲・編曲・作詞を納浩一が担当
1998年のソロ作品「三色の虹」を更に純化、進化させた、オサム・ワールドを是非堪能ください!