納浩一が影響を受けたアルバムの数々 Vol.5

納浩一のお薦めアルバム、「僕が影響を受けた作品」コーナーの第5回目です。 今回は、ちょっと変化球的なスタンダードジャズでの演奏を取り上げたいと思います。 変化球とはどういうことか、ですが、簡単に言うと、いわゆる普通のスタンダ-ドの演奏とはちょっと違ったアプローチということです。 まあ、ジャズに詳しい方なら、各アルバムのジャッケット写真をみて、「ああ、確かにね!」とお気づきになるかと思います。 どこがどう違ったアプローチかという点については、各アルバムごとに触れたいと思います。 そうそう、上記の写真は、僕がバークリー時代にコピーした、ビル・エバンス・トリオのアルバム「Portrait In Jazz」に収録されている、「枯葉」でのスコット・ラファロのソロの譜面です。 もう30年も前の譜面ですが、こうやって残しておくと、大切な思い出にもなりますし、またいま改めてこの譜面を音源と共にチェックして【 …続く 】

続きはオンラインサロンの共通パスワード(サロントップ投稿に記載都度変わります)を入力で閲覧できます。

納浩一直伝!オンラインサロン はこちら


納浩一オンラインサロン開講!
納浩一オンラインサロン

45年のベース歴、30数年のプロ活動
日々国内外、第一線で活動中のベーシスト納浩一によるオンラインサロン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
【Q&A】これから6弦ベースをはじめようとおもうのですが、雑誌で納さんは6弦(ローB+ハイC)を弾き始めたころ、5弦(ローB)よりはるかに大変だったとおっしゃってました(ハイCのせいで)。克服するためになにかいい練習フレーズなどはありますか?
Q&A
【Q&A】これから6弦ベースをはじめようとおもうのですが、雑誌で納さんは6弦(ローB+ハイC)を弾き始めたころ、5弦(ローB)よりはるかに大変だったとおっしゃってました(ハイCのせいで)。克服するためになにかいい練習フレーズなどはありますか?
これから6弦ベースをはじめようとおもうのですが、雑誌で納さんは6弦(ローB+ハイC)を弾き始めたころ、5弦(ローB)よりはるかに大変だったと...