第8回 徐々にその活躍の場を広げていった1990年前半 納がオサムを語る

前回から相当間隔が開いてしまいましたが、「納がオサムを語る」の第8回です。 第7回では、1988年にアメリカ留学から帰ってきたオサム少年、帰国直後に東京に上京してきたのですが、知り合いは誰もおらず、そんなことから全く仕事がないという極貧時代の辺りまでをお話しました。 でも、このコロナのおかげで、おそらくそのときと匹敵するくらい、今のオサム少年も仕事がないようですねぇ。 まさかこんな状況が、彼の人生で再びやってくるとは、彼も予測していなかったでしょう。 まあ、あの頃とは違って、彼にも、それなりの気持ちや状況に余裕があるようなのが幸いですが、でもあの頃ほど、「負けへんでぇ!」というようなモチベーションが湧いてきていないように見受けられるのが、ちょっと心配です。 ま、それはさておき、ではその1990年辺りからお話を始めたいと思います。 前回もお話ししたとおり、1991年に小曽根真さんの日本ツアー【 …続く 】

続きはオンラインサロンの共通パスワード(サロントップ投稿に記載都度変わります)を入力で閲覧できます。

納浩一直伝!オンラインサロン はこちら


納浩一オンラインサロン開講!
納浩一オンラインサロン

45年のベース歴、30数年のプロ活動
日々国内外、第一線で活動中のベーシスト納浩一によるオンラインサロン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事