「スタンダード・バイブル」、売れ行き好調で、ありがとさ~ん、です!

先日も、僕がホストを務める八王子のライブハウス「XYZ→A」でのジャムセッションで、本の出版当日ということもあって、なんと一挙に7冊も売れました。お買い上げの皆さん、そしてセッションに参加の皆さん、本当にありがとうございます。

あの日も楽しいセッションでしたね!

僕の仲間、そして素晴らしい先輩でもある、ドラムスの平山“三平”恵勇さんも飛び入りしてくれて、大盛り上がり! 三平さんの超絶なドラミングに、来ていた若いドラマーたちもぶっ飛んでいたようでした。

そうそう、ちょっと宣伝ですが、このお店の次回のジャムセッションは、年も迫った12月27日。この日はちょっと早めに始めて、途中、プレゼント大会でもしようと思いますので、近くにお住まいの方、あるいはちょっと遠くても、「その日は暇だ! セッションでも行くか!」というような方は、是非足を運んでくださいね。

さて話は本に戻りますが、ここ数日の、アマゾンの本のベストセラーのジャズ部門でずっと一位を頂いています。これは一時間おきに更新されるそうなんですが、まあジャズ部門だから、1時間に2~3冊でも注文が入れば、きっと相当上位にはいけるのでしょう。でも一位は一位、嬉しい限りです。

リットーミュージック内の週間ランキングでも、先週は2位、今週は3位です。ロック系やポップス系の、あまたある出版物がひしめく中での上位ですから、大健闘といえるのではないでしょうか?

そんなこんなで、大好評のこの本、この勢いに乗じて、実はトランペットやサックス用の移調譜の本も出したいと思っています。もちろん僕自身は当初からそう考えていたのですが、会社としては、突然3タイトルも出せないことも事実。この「In C」の本の売れ行きを見てからということになることは百も承知でした。でも実際出してみたら、これほどの反応ですからね。また僕自身も、かなりの数の管楽器奏者の方から、「是非移調譜の方も出してください!」という声も頂いています。

そんなことでリットーミュージックのほうでも、何となくそんな動きが起こりそうな気配を感じる今日この頃です。

ということで管楽器の皆さん、是非リットーミュージックあてに「是非移調譜も出してください!」という要望の声を送ってください。そんな声が数多く届けば、きっと実現すると思います!

実は僕自身はもう既に、Bb版とEb版用の譜面の作成に取りかかっています。フライングなんですが、でも実現に向けて、ちょっとでもムーブメントを起こしておいたほうがいいですからね。

管楽器の方も楽しみにしていてくださいね。

そして既にこの本をお持ちの方は、是非ご感想をお聞かせください。

感想や意見の一つ一つを、次作に行かせることが出来たらなと思う次第です。

みなさん、なにとぞよろしくお願いします!

納浩一オンラインサロン開講!
納浩一オンラインサロン

45年のベース歴、30数年のプロ活動
日々国内外、第一線で活動中のベーシスト納浩一によるオンラインサロン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事