スケールはとにかく大事です。 ジャズのように、コード進行が次々に変化する状況のもとで思ったようなソロを取るためには、楽器を自分の声のごとく使いこなせるよう、楽器を自分のものにしなくてはいけません。 この「楽器を自分のものにする」ということは、ベースで言うならば、指板のどことどこになんの音があり、そのどれとどれを弾けばどのようなフレーズになるかが判るようになるということかと思います。そしてジャズのような即興演奏では、それが瞬時に判らないといけないのです。 ではそのためにどんなトレーニングが必要か? それがまさにスケール練習かと思います。 もちろん、サロンに参加されているベーシストの方なら、「スケール練習はちゃんとやっています」という方も少なくないでしょう。 そういう方は、このコラムの後半に進んでください。 今からの前半部分は、「スケール練習って、何をどうやれば良いですか?」という方のためのお【 …続く 】

続きはオンラインサロンの共通パスワード(サロントップ投稿に記載都度変わります)を入力で閲覧できます。

納浩一直伝!オンラインサロン はこちら


納浩一オンラインサロン開講!
納浩一オンラインサロン

45年のベース歴、30数年のプロ活動
日々国内外、第一線で活動中のベーシスト納浩一によるオンラインサロン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事