ちょっと早い夏休みをとりました。

ちょっと早い夏休みをとりました。
こんなコロナの時期ですが、この予定はコロナ前の、昨年の暮れから決めていたので、決行しました。
梅雨明けの、そして夏休み前の、最も落ち着いた沖縄の海にふらっと行って、紺碧の海の中で煩悩を捨ててきました。
まさかそのあと、こんなコロナ禍が起こるとは、この予定を決めたらときには全く想像する由もなかったのですが、でも行って良かったです。

何のために音楽をしているのか、音楽とは自分にとって何なのか、それは仕事としての音楽とどう整合性を取るといいのか、それより何よりこの先どうするのか等々、考えればキリがありませんが、そんなことをぼんやりを考えてきました。もちろん考えても考えても、解答はないのですが。
結論は、ならば中性浮力(スキューバ用語で、上に浮かばず下にも沈んでいかないような、まさに水中でうまく浮かんでいるような浮力)になるような空気の入れ具合をその場その場で微妙に調整しながら、水面と海底を俯瞰して生きていくような、そんなふわふわ感で生きて行こうかなと感じる次第です。
するとそこには、写真のような海亀やロウニンアジが突然現れて、人生に華を添えてくれるかもしれません。
焦らず慌てず無理をせず、あくまで自然体で海中に浮かびながら、周りを俯瞰し、予期せぬ出逢いを楽しむ、そんな老後を迎えられたらと、沖縄の海で考えました。

納浩一オンラインサロン開講!
納浩一オンラインサロン

45年のベース歴、30数年のプロ活動
日々国内外、第一線で活動中のベーシスト納浩一によるオンラインサロン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事