ウッドベースでハイ・ポジションの音程を正確に取るにはどういった練習をすればよいのでしょうか?
これはもうアルコの練習しかありません。
クラシックのエチュードにはこういったハイポジションがバンバン出てくるものがいっぱいあります。
こういったものをひたすらやるしかありません。
ハイ・ポジションの場合、親指から薬指まででカバーする音域はどれほどなんでしょうか?
親指から薬指でカバーする音域は大体最も広くて、1弦でいうとでGからC#まででしょうか。
これ以上、上の音域になればその間隔はどんどん狭まってきますからね。
納浩一オンラインサロン開講!
納浩一オンラインサロン

45年のベース歴、30数年のプロ活動
日々国内外、第一線で活動中のベーシスト納浩一によるオンラインサロン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事