Birdのライブ聴きました!めちゃくちゃいい音ですね。WoodBassの音が太くてびっくり。
どうやって音を作っているのですか?
BirdのときのWood Bassのセッティングを参考までに記しておきます。
ピックアップはフィッシャーマンとデビッド・ゲイジ、フィッシャーマンの方にはアンプに入れる前にフィッシャーマンのプリ・アンプをかましています。
それを、ご存じだと思いますがWalter Woodsというアンプの2つのチャンネルの別々に入れてブレンドさせています。
Walter Woodsのイイところは独立した2つのチャンネルがあるというところですね。
もちろん軽量でハイ・パワー、しかもクリヤーな音がするという…。その分お値段はけっこうしますけど。

みなさんがステージやTVで聴いている音は、このWalter Woodsのライン・アウトからPAの卓に送られた音なので、Walter Woodsの影響がPAのほうにも影響していると思います。

またそのときのEBのAmpはSWRですか?
はい。SWRのSN-400とSWRのゴライアス、ベースはInner Woodの10周年記念作品のフレッテッド4弦ジャズ・ベースで、ピックアップはレイン・ポー、プリ・アンプはたしかバルトリーニのXTCTだったと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事