Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

みなさん、お正月は如何お過ごしですか?
といいつつ、もう三が日も終わろうとしていますね。
僕はこの正月は映画三昧にしようと決めました。というもの、12月半ばにトライした佐野マラソンがあまりに身体に応えたらしく、その後トレーニングを積むごとに足の状態が悪くなり、とうとう年明けには歩くこともきついくらいの状態に陥ってしまいました。
とはいえ2月終わりには東京マラソンがあります。そんなに長く休んでいるわけにもいかないのです(って、お前はスポーツ選手か!?)。
しかし痛いときに無理してトレーニングをすると、さらに患部を悪化させるのは、もう何度も経験したことですし、その経験を生かすことなく、「また今回も...」ですから、ここはこれ以上無理するのを止め、勇気を持って、ちょっとゆっくり身体を休めることにしました。
そこで、「ほんなら映画いっぱい見たれ~!」ってことで、この正月は映画三昧にすることに決めた次第です。

年明けからここまでに見た映画は
1)ケビン・ベーコン主演の「第一級殺人」(これはかなりおもしろかったです!お薦めです)
2)ハリソン・フォード主演の「逃亡者」(実はこれ、以前に見たんですが、だいぶ昔だったので細部まで覚えておらず、2度目でもおもしろかったです)
3)「ハンナプトラ2 黄金のピラミッド」(実はこれも以前に見たんですが、だいぶ昔で、しかも国際線の機内放送だったもので、改めて大画面・大音量で見たので、それなりでした)
4)ブラッド・ピット、ケイト・ブランシュェット主演の「ベンジャミン・バトン」(これはここまで見た中では最もいい映画でした。それにしても美男・美女ですよね)
5)「ライラの冒険 黄金の羅針盤」(アカデミーの視覚効果賞をとっただけあって、それはなかなかでしたが、しかしストーリー展開が「?」。 あれだったら「ロード・オブ・ザ・リング」の方がはるかに... ってとこです)

で、これから見る予定でレンタルしてある映画が
1)「ターミネーター3」(1も2もおもしろかったので大いに期待しているのですが、この手は外れることも多い。でもすでに4が作られているということは、3もそこそこ興行的に成功したからではないのでしょうか?)
2)「おくりびと」(これは本当に楽しみにしています。あれほど話題になったんですからね!)
3)クリント・イーストウッド監督の「グラン・トリノ」(この監督の映画は「ミスティック・リバー」とか「ミリオンダラー・ベイビー」、とっても良かったし、この映画も評価が高いので大いに期待です)
4)「スラムドッグ&ミリオネア」(これも話題になったし、たしかアカデミー最優秀作品賞をとったんですよね? やはりこれも大いに期待です)
5)「P.S. アイラブユー」(これは全くなんの前情報もなく、レンタル屋で衝動借りをしました。さてどうでしょう?)

以上、6日間で10本見ようと思っています。こんなにまとまって休みがあるときも珍しし、しかも全くトレーニングもできないって状況もなかったものですから。

しかし映画っていいですよね。最近見て良かったのは、
「東京タワー」(ずいぶん前の映画ですが、親父を早くに失った僕としては、母と息子の関係という意味で、あまりに共感する点が多かったので、それこそは母親の葬式以来といっても過言でないくらい泣きました)
「This Is It」(ミュージシャンなら、もちろんそうでない人でも、これを見て感動しない人はまずい無いでしょう?)
「沈まぬ太陽」(3時間半を越える大作でしたが、飽きることなく見ることができました。やっぱ、渡辺謙ってかっこええわ!彼の主演では「明日の記憶」というのも良かったです)
これ以外にも色々見ているのですが、なんせ記憶が弱ってきて、今思い出せません。

実は我が家には地下にシアタールームがあります。夜中でも爆音で、それこそ部屋中が揺れるような大音量で、しかも80インチの大スクリーンで見ることができます。数年前、家を新築する折に、「どうせローンを組むなら、多少その額が大きくなったっていいだろう」ってことで、かなり立派なシステムを購入しました。でも今となっては、シアタールームを作って本当に良かったと思っています。
こんなに落ち着いて、まるでちっちゃな映画館感覚で映画を楽しめるなんてことはなかなかできないですからね。
これからも、特に景気が悪くなって暇になったり、歳をとって仕事が少なくなってきた折には、もっともっと映画を借りてきてみようと思ってます。

さて、最後になりましたが、今年もそうやって得た刺激や感動を、音という媒体に変えて、今度は僕のほうから皆さんに発信すべくがんばっていこうと思いますので、本年もよろしくお願いしますね!
そんなことで新年第一発目のブログでした。

CODA /納浩一 - NEW ALBUM -
納浩一 CODA コーダ

オサム・ワールド、ここに完結!
日本のトップミュージシャンたちが一同に集結した珠玉のアルバム CODA、完成しました。
今回プロデュース及び全曲の作曲・編曲・作詞を納浩一が担当
1998年のソロ作品「三色の虹」を更に純化、進化させた、オサム・ワールドを是非堪能ください!