納浩一オンラインサロン

サロンに匿名で、このようなご質問を頂きました。
(質問も抜粋しています)

「こんにちは。私は高校の軽音部でベースを始めた大学2回生です。

今現在私には夢があります。それはプロになることです。

甘くない、止めておけ、とは何度も言われましたし自分でも沢山迷いましたが、それでもどうしても諦めきれませんでした。やれるだけやってみよう、全力でやってダメだったらそれはそれで納得出来るけどやらずに納得は出来ない、という決断に至りました。

出来るようになりたいことが多すぎて頭がパンク寸前です。

答えを教えて欲しいのではなく、答えを探すための歩き方を教えて頂きたいというイメージなのですが、なにか助言を頂けないでしょうか。

よろしくお願いします。」

(全文はサロンに公開しています)
「この投稿を読む限り、自分の現状を客観的に把握していらっしゃるようだし、音楽の道がかなり険しいものだという認識も持っておられるようなので、これまたおっしゃるように、答えを教えてくれというのではないと思います。
ですので、助言というようなことを書かせて頂きます。

「出来るようになりたいことが多すぎて頭がパンク寸前です。」

きっと目の前に立ちふさがる壁は高く、また多岐にわたっていると思います。そういうのを知れば知るほど、おっしゃるとおり「何から手をつけて良いのか解らない」という状態に陥りがちですね。でも大事なことは、そんな時に焦らず、地道に一つ一つこなしていくことかと思います。焦って迷っても、何も良い結果は出ません。ゆっくり一歩ずつ、です。

いまはあまりに情報が多すぎる気がします。でも楽器なんて、そんな簡単に、短時間にうまくなるものではありません。ゆっくりじっくり熟成しないと、いいミュージシャンは育ちません。

そしてプロのミュージシャンになるということですが、たった一度の人生です、その情熱を掛けるだけの価値のある仕事だと思います。

是非、チャレンジしてみてください!」

しかし、なんの世界でもそうですが、プロになるというのは、その過程も険しいですが、その前段階の、その世界に進むという決断も大変なことですよね。

かくいう僕は、な〜んにも迷わず決めたふしがありますが。

今から思えば、なんて無鉄砲なと思います。幸い、何とかなったから良いようなものの。

でも、来年開催されるオリンピックではないですが、いまやサッカーでも卓球でも野球でも、いや、将棋や囲碁だって、幼少の頃から英才教育の中で腕を磨く時代。

僕なんか、何の情報もなく、ただ一人で試行錯誤し、親からは「早く止めなさい」と反対され、というような環境。

今の子供達がうらやましいです。

日本も随分と、様々な多様性が認められる状況になったものだと感心します。

それはともかく、回答にも書きましたが、たった一度の人生、そして質問された方も書いているように、「全力でやってダメだったらそれはそれで納得出来るけど、やらずに納得は出来ない」という言葉は、僕がずっと自分に言い聞かせてきたものです。

よーく考えて、悩んで悩んで得た答えなら、その方向に進んでも後悔は無いと思います。

でも、あとから「やっときゃよかったなぁ」という後悔はしたくない、それが僕が岐路に立ったとき、いつも自分の言い聞かせてきた言葉だと思います。

いま進路を悩んでいらっしゃる方も、くれぐれも悔いがないように! 何をやろうが、一生懸命やれば、必ず真理は見えると思います。

〜本編はオンラインサロンに公開しています。〜

匿名質問コーナー作成しました。

「こんな基本的な質問、恥ずかしくて実名じゃ出来ない」というような方がもしおられたら、このコーナーをご利用ください。
もちろん音楽以外のご質問でも、答えられるものであれば可能な限り答え所存です。

ということで、メルアドや名前を入力せずに記載できますので、是非こちらの方もご活用ください。

パスワード はオンラインサロンにて公開しています。

www.osamukoichi.net/salon/anonymous/

—————-
■サロン参加詳細はこちら
osamukoichi.net/salon/
※FBグループへのリクエストのみでは参加になりません。
オフィシャルサイトのページのフォームから申し込みとPaypal決済後承認になります。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事